株式会社パッシオーネ

052-508-8300受付時間/平日 10:00-18:00

ご相談はこちらから

坪売上20万でも繁盛店と言われるなか、坪売上50万円を出し続けられる仕組みを使って、オープン初月から成功できるお店を経営しませんか?

1ラーメン好きで 2接客好きで 3仕事を楽しくやりたい というあなたであれば、からみそラーメンふくろうで成功することができます!

からみそラーメンふくろうフランチャイズ加盟店募集

ふくろうのFC制度を利用するということは物件判断・仕込み・人材教育の全ての工程を本部に任せ、成功パターンで運営できるということ

これまで展開されてきたようなフランチャイズの仕組みは、新しく参入するFCオーナー様にとっては、条件がいいとは言い難いものでした。

例えば立地や物件などの判断は、
FCオーナーに委ねられているケースがほとんどです。
本当にこの立地でお客様がいらっしゃるのか、
本当にこの物件で資金を回収していけるのか。
FC本部はオープン後のリスクまで、
気にはしてくれないのです。

また、スープの炊き込みや食材の仕込み、
味の安定化もそうですし、
従業員の確保や
教育なども必ず必要となってきます。

これまでのFC制度というのは、
そういった状況でスタートすることが
あたり前でしたので、
加盟店はとにかく努力と苦労でのし上がるのが、
成功するために必要不可欠でした。

しかし、からみそラーメンふくろうのフランチャイズ制度は全く違います。

成功の見込みがない物件で
出店してもらうことはありませんし、
重労働なスープの仕込みは本部で行い、
誰が作っても全く同じ商品が
提供できるような仕組みがあります。
その仕組みをもとに、短期間でオープンまで
こぎつけられる研修教育プログラムを準備しました。

からみそラーメンふくろうのFC制度があなたに約束していること
  • あなたが成功するために必要なことは、
    全て惜しみなくお伝えします
  • 物件を見つけるために、
    本部も一丸となって探します
  • 成功するのが難しい立地・物件での
    開店はさせません
  • 物件選びから、仕込みや店舗運営などの中で感じる、不安要素は全て排除します
  • 居抜き物件を推奨しているため、
    初期費用を大きく抑えられます
  • お客様が幸せを感じて、またご来店いただける接客の仕方が身につきます
  • スープや具材は本部から届けられるため、長時間を必要とする仕込みが一切
    ありません
  • 重労働となる仕込みが不要なため、
    人件費と水道光熱費が大幅に削減
    できます
  • 人件費や水道光熱費が削減されるため、
    利益率が高くなり初期費用の回収が
    早まります
  • オープン1ヶ月前から、本部スタッフによる研修があるので、オープン直後から売れるお店作りができます
  • 1ヶ月で研修が終わらなくても、
    終わるまで研修をしていただけます
  • オープン前々日からオープン日までの
    3日間は、本部スタッフがお店の立ち上げのお手伝をします
  • あなたの感覚に頼るようなことはせず、
    売れている店舗と同じ味の再現が
    できます
  • ふくろうのファンにとって、ご満足いただけるラーメンをそのまま提供して
    もらえます
  • 行列のできるラーメン店として知られているので、オープン直後からお客様がすぐにご来店されます
  • 真心を込めた接客に集中できるよう、
    店舗での作業は簡素化しています
  • 商品の改良は、
    常に本部でやり続けていきます
  • 改良を重ねていきますので、飽きが来ずリピートに繋がる商品を提供できます

ふくろうの1号店は名古屋で生まれました。
お客様に支持されるようになるまで店主がやってきたような苦労は、
新しいFCオーナー様にはしてほしくないという気持ちから、
新時代のフランチャイズの形として仕組みづくりされました。

究極は「厨房から包丁がなくなること」

これは極端かもしませんが、
それくらいの気持ちでフランチャイズの
仕組みづくりに努め、現在に至ります。
料理をしたことがなくても、接客の経験がなくても、
からみそラーメンふくろうを自分の仕事にし、
成功したいという気持ちがあるのでしたら、
ふくろうのフランチャイズの仕組みを利用して、
ぜひ成功を手に入れてください。

何をやってもうまくいかなかった家賃11万円の物件でも、初月から250万円の売上を達成して継続中!

ラーメン業界に全く未経験だったFCオーナーさまでも、
洗練されたフランチャイズの仕組みと本部からの支援によって、
初月から成功を収めています

飲食業界は、立地が最重要と言われることがあります。確かに立地が悪ければ、歩いている人がお店に入るきっかけになりませんし、ましてやラーメンは近くで簡単に済ませるという人が多いです。

立地が悪い物件は、家賃は安いですが集客につながらず、入れ代わり立ち代わりで別ジャンルのお店が入っては閉店する、といったことになりやすいのです。「この物件、また別の店になったんだ」などと思ったことがあるのではないでしょうか。

しかし、過去にラーメンやまぜそばのお店などがチャレンジしても失敗し、何をやってもうまくいかなかったような物件でも、本部が確認して「勝てる」と判断されれば、出店させることが可能です。

後発で加盟したFCオーナー様が、独立して2店舗目を出店するまでの実際の流れ

  1. もともと広告関連の関係のない
    業界で働いていた
  2. 社長との考え方が合わず、
    独立を考えだした
  3. お客様との距離が近い
    商売をしたかった
  4. 物件を自分で探している時に、
    ふくろうと出会う
  5. 問い合わせて、
    話をさせてもらった(面談)
  6. 過去にラーメンやまぜそばのお店が失敗した
    物件が見つかり、
    そこでチャレンジすると決めて、
    本部からもOKサインをもらう
  7. 広告関連の会社から退社
  8. ふくろうとFC加盟の本契約
  9. すぐに研修をさせてもらい、
    工程や接客を1ヶ月かけて学ぶ
  10. 自分の店をスタッフ3人と、
    本部からのヘルプスタッフでオープン
  11. 商品力が高いこと、接客の仕方を守ること、
    固定ファンがいることなどが要因となって、
    初月から250万円の売上達成!
  12. 家賃11万円、もともとラーメンやまぜそばの
    お店だった物件で、
    毎月220万円から250万円の
    売上をコンスタントに出し続けている
  13. 収入は会社員時代と比べて1.5倍に!
  14. 素晴らしい商品を多くの人に届けたく、
    2店舗目もオープン!
  15. さらなるエリア拡大を目指す

独立して成功しようと思って食べに行ったら、僕がやりたかった完成形がこのお店にはすでにあった。だから、加盟前から成功がすでに見えていた。

ふくろうのフランチャイズ店といて加盟し、1店舗目のオープンからわずか半年で2店舗目もオープンしたオーナーさまに、お話をお伺いしました。

独立しようと思ったのは
なぜですか?

もともと働いていた会社のやり方が、自分のやりたい感じではなかったからです。なので、自分のやり方でやれるようにと考えたら、独立をして何か始めるしかなかったという感じです。似たような感覚の人は、結構多いんじゃないでしょうか。納得いかないまま毎日仕事をし続けるのって、ストレスにもつながりますし、自分の生き方に疑問を持ってしまうといいますか。

なぜラーメン店だったのでしょうか?

はじめからラーメン店で独立というより、個人でも狙える日本食でなにか…という感じでした。なので物件探しなんかを先にしていましたね。そんな時に、不動産の方からふくろうの話を聞いて、名古屋でとても勢いのある社長さんなんだということを知りました。

その後、フランチャイズ加盟するわけですが、
決め手はなんですか?

本部に問い合わせる前に、ふくろうのお店に客として行きました。ラーメンが好みで美味しかったのもありましたが、スタッフさんの動き、接客の仕方、お客さんに向けた心構えのようなものが、自分のやりたかったものと一緒だと感じました。

僕のやりたかったことが、この店には完成形としてすでにあると感じました。接客を含めたお店全体の方向性や気持ちなど、僕もこれを自分の仕事にして、生きていきたいと思いました。

FC店をオープンしてみて、
実際にはどのように感じていますか?

研修の時に全て学べるのですが、商品を提供するまでの工程がとにかくシンプルだと思います。本店や他のFC店、全て同じものを誰でも正確に作れるのは、とてもやりやすいと感じています。個人の感覚や迷いなどが全く影響しないフランチャイズの仕組みが、そうさせているのだと思います。

また人材教育の面でも、お客様ファーストの考え方が行き届いていますし、スタッフのモチベーションが高いです。一緒に働いているスタッフ同士、働いていて気持ちがいいんじゃないでしょうか。志が高く経営者になりたい、といったスタッフもいるくらいですし、お店全体が盛り上がっている感じなど、加盟前に食べに行ったあの時のお店と、同じことを再現できていると実感しています。

FC店オープンから1ヶ月の様子を
お聞かせください

本部での研修を終えて、オープンの時はスタッフ3人と、本部の社長さんに手伝ってもらいました。スタッフも初日から意識が高く、慌てたりすることはありませんでした。ふくろうは固定ファンがたくさんいますから、「ついにここにも、ふくろうができた!」というお客さんは多かったと思います。

実は最初のお客さんが券売機に1,000円入れたら、壊れてしまうハプニングがあって、初日の売上計算が正確にできなかった…ということがありました(笑)

ですが、オープン初日からお店はとても盛り上がって、明らかに黒字でしたので、電卓での大雑把な計算でしたが、電卓たたいていて数字が増えていくのがかえって喜びに繋がりました(笑)

オープンして1ヶ月目の売上を
伺ってもいいですか?

初月は250万円を少し上回るくらいでした。11万円の家賃のお店ですから、かなり良いほうですね。以前もラーメンとかまぜそばのお店が入っていて、なにをやっても続かないダメな物件だったと聞いています。

ですが、FC加盟の時に社長がOKを出してくれて、初月で250万円。この「なにをやっても続かないと言われていた物件」で、どれくらい続くのか?という不安が、全くないと言ったらウソになりますが、社長がOKをしてくれた物件でしたし自信はありました。

その後、数ヶ月運営して
どんな変化はありましたか?

5月30日にオープンして8ヶ月くらいになりますが、売上はだいたい220万円から250万円くらい出し続けていますね。なので、良い意味でオープン当初の爆発的な売上から、あまり変化なくここまで来ています。なにをやっても続かない物件とは思えないです(笑)

これは商品力とスタッフの心構え、そしてなによりもふくろうのラーメンを楽しみにして来てくださる、お客様の支えが全てかと思います。

この物件で「成功できる」って判断されたわけですから、それを実現できるフランチャイズの仕組みが、とてもうまくできているんだなと感心します。しかも家賃11万円の物件ですから、それでも成功する仕組みが、ふくろうのフランチャイズにはあるということです。

そして大きな変化がひとつあるんですが、オープンからだいたい半年後くらいの11月に2店舗目をオープンしました。このラーメンを、より多くの人に届けたいという気持ちがありますし、こんな素晴らしい店作りができるってことも、夢を持ってチャレンジしたいと考えている人たちに伝えたいですね。

これから独立して、
ふくろうのラーメン店をやっていきたい方へ、メッセージをお願いします

もしあなたが、お店を運営している姿を想像してワクワクできるなら、まずは電話なりメールなり、行動してみたほうがいいかと思います。やるかやらないかは、その次。話を聞いたり、聞いてもらったりするだけでも、前進だと思うんです。

接客が好き、ラーメンが好き、目標があって独立したい、そんな方にはとても向いているお店ですし、フランチャイズの仕組みもピッタリだと思います。僕はまず問い合わせて話をさせてもらうことからはじめましたので、もし独立してラーメン店として成功としたいという気持ちが少しでもあるなら、まずは問い合わせて話をしてみることが重要かと思います。

ラーメンファンの方々に評価をしていただき、様々なメディアで取り上げられています。

からみそラーメンふくろうは、
オープン直後はなかなかお客様に
来ていただけませんでした。
ところが、ラーメンファンの方々は
新しくできたラーメン店のチェックが早く、
そして高い評価をしていただいたようでした。
そして、オープンして4ヶ月後に発売となる
専門誌「究極のラーメン2014」に、
1位で掲載されたことを皮切りに、
様々なメディアでも
取り上げられることになりました。

究極のラーメン2014新店部門1位 / ラーメンwalker2014新人賞金賞 / 食べログベストラーメン2014受賞 / 究極のラーメン2015みそ部門1位 / 食べログJapan Ramen Award 2016 / 食べログ名古屋 ラーメン部門2016年1位 / 食べログラーメン百名店EAST2017受賞 / 食べログ愛知 ラーメン部門2017年1位 / 食べログラーメン百名店EAST 2018受賞 / 食べログラーメン百名店EAST 2019受賞

そして、2020年となった現在でも、
行列の絶えない人気店として、
ラーメンファンから支持され続けています。

その気になれば誰でも必ず成功できる。なぜなら、飲食業界未経験だった私もフランチャイズに加盟して成功したのだから。

はじめまして。からみそラーメンふくろう店主・佐藤智雄と申します。

私はもともと名古屋でブティックやエステなどを展開する、飲食業界とは無縁な会社につとめていました。しかしもっとお客様との距離が近く、ダイレクトに反応をいただけるような、血の通った商売をしたいと考えて、当時の社長に飲食部門を作りたいと提案しました。

飲食部門を作るからには店長をやるよう言われた私は、東京のさまざまな飲食店を巡って研究し、まだ名古屋にはないようなお店をやってみようと、当時まだ東京にしかなかったイタリアンカフェのフランチャイズに加盟しました。はじめての飲食業界へのチャレンジは、フランチャイズという制度に助けられて、うまくいった部分が大きかったです。

飲食業界が全くの未経験だった私が飲食部門を立ち上げて、イタリアンカフェ以外にも、和カフェ・スイーツショップ・自社ブランドの飲食店など10店舗立ち上げるまでに至りましたから。

ですから、あの時に飲食業界を経験して成功できたことは感謝でしかありません。それができた「フランチャイズ」という素晴らしい制度を、今度はふくろうにも導入して、新たに成功したい人たちを成功に導くことが、私の使命だと考えています。

ふくろうのオーナーに
求められていることはただひとつ

これからふくろうのオーナーとなるあなたに、私からお伝えしたいことは、とてもシンプルなことです。それは「お客様一人ひとりに誠心誠意を尽くして、ご満足いただくという気概を持ち続けてほしい」ということです。

例えば、ただ何となくお客様からの「ごちそうさまでした」の言葉を待っていてはいけないのです。ご来店の際にはお客様の目を見て、ご来店いただいた感謝を込めて「いらっしゃいませ」とお声がけください。「マニュアルで決められているから、元気よく声を出す」のではありません。

お店はお客様に支えられているのですから、感謝の気持ちが込められていることは、あたり前のことです。お客様に対して誠心誠意を尽くして接すること、このたったひとつのことを忘れなければ、お客様がお店をずっと支え続けてくれるのです。

成功の鍵

あなたがお客様を迎え入れた時の気持ちが、お客様からの「ごちそうさまでした」に繋がります。お客様が「ごちそうさまでした」と言ってくれたから、「ありがとうございます」と返事するのではありません。「ごちそうさまです」とご満足いただきたいからこそ、「いらっしゃいませ」の気持ちの込め方や、お水の出し方を考えて、先回りして感謝するべきだと考えています。

つまり、ギバー(Giver)の精神ということです。自分ではなく、相手の喜びにスポットをあてることが、必ずあなたにとっての喜びになります。

優れた商品を提供しても、
残念に思うお客様もいる

たまたま入ったお店で食事はどれも美味しかったけど、お店の雰囲気や接客の仕方に嫌悪感を抱き、お店をあとにするといったような経験をしたことはありませんか?せっかく良い商品を提供しているのに、サービスでお客様から評価されない店は、未だに多いです。

あなたはこれから一国一城の主となるのですから、そのお店に来ていただくお客様をギバーの精神でお迎えください。

それだけが、これからオーナーとなるあなたへ、私が伝えたい想いです。もちろん商品は常に改良を重ねて、さらに美味しくしていくべきです。それは私がこれからもずっとやっていくことをお約束します。それは私にとって、あたり前のことですし、義務だと思っています。

ふくろうに関わる、
全ての人たちを幸せにしたい

少し私の考えをお話させていただきますと、お店に来ていただくお客様には笑顔になってもらいたい、そしてお店のスタッフや店長、オーナーにも楽しく仕事をしてほしい、という気持ちがとても強いです。

なぜなら、私がふくろうを始めた時、お客様にご迷惑をおかけした経験があることや、一緒に頑張ってくれている仲間にも、大変な思いをさせた経験があるからです。

わざわざご来店いただいたお客様に、スープが切れてしまいご案内できないことがありました。お客様が営業時間を頼りにご来店されている限り、このようなご迷惑はあってはなりません。

また、なかなか軌道に乗らないオープン当初、前職を投げ売ってまで私についてきてくれた仲間に対して、「このままでは給料も払えなくなってしまうから、前の職場に戻ったほうがいい」と、仲間の人生を簡単に考えてしまったことがありました。

「今さらもとの職場には戻れないので、そういうことであれば他の仕事を探します」と言われた時に、私はどれだけ迷惑や苦労をかけてしまっているんだろうと、とても責任を感じました。

ですから、私はふくろうにご来店されるお客様はもちろんのこと、運営に関わる全てのスタッフにも、なるべく苦労しなくてもいいように、迷惑がかからないようにと思い、今のフランチャイズの形を作り上げました。

お客様と運営する皆さまのために、
私が決めたこと

せっかくご来店いただいたのに、スープ切れが理由でお店を閉めていてはいけない、わざわざご来店されたお客様にご満足いただきたいという一心から、1日2時間の睡眠時間で364日働き続けたこともありました。そして途切れることのない、お客様からの需要に応え続けるために、店舗を増やす必要性を考えるようになりました。

いつでもふくろうのラーメンを召し上がっていただける、それがお客様の幸せに繋がると考えたからです。

新しいお店では、スタッフの労働を軽減するために、お客様にとって目に見えない部分である仕込みなどは、なるべくやらなくてもいいようにしました。お客様に真心を込めて接するために、必要なことだと考えたからです。それがフランチャイズに加盟される、新しい皆さまの幸せに繋がると考えたからです。

そして全てを実現するために、
ふくろう独自のフランチャイズ制度を作り上げました

関わる全ての人を幸せに、そしてそういう人を増やしていけたらと思っています。そのために必要な努力や苦労は、私にお任せください。ふくろうの考え方に賛同していただけると信じて、いつかあなたとお会いすることを楽しみにしています。

からみそラーメンふくろう 店主
佐藤 智雄

こんなあなたは、ふくろうのFCオーナーに向いています!

  • ラーメンが好きな方
  • お客様と接する仕事が好きな方
  • 自分のお店で成功したいという
    強い気持ちと夢を持っている方
  • 自分の仕事にやりがいを感じたい方
  • 仕事の反応や成果をダイレクト
    感じたい方
  • 小さな初期費用で始めたい方
  • エリアを広げてお店を複数運営したい方
  • 自信をもって商品をご提供したい
    感じている方
  • やりたいこと目標を持っている方
  • 流行りに左右されず芯を持って事業を
    したい方
  • お客様やスタッフの喜びが利益となって
    戻ってくると考えられる方
  • お客様から「美味しかった」と言われることに喜びを感じる方
  • からみそラーメンふくろうの
    考えに賛同できる方

よくいただく質問に回答いたしました。

研修期間はどれくらいですか?
最低1ヶ月の研修を行い、必要であれば延長もできます。
朝の準備は何時から始まりますか?
オープン時間にもよりますが、FC店舗ではオープンの1時間半前くらいのお店が多いです。
スープの仕込みなどはありませんが、お米を炊いたりゆで麺機の準備、銀行での両替などをする時間を考慮しています。
新メニューを作って
ご提供してもいいですか?
お客様からの需要で新メニューを作ることはとても良いことです。本部で新メニューの確認をさせていただき、問題がなければご提供が可能です。
飲食店の経験がありませんが、
それでもできますか?
基本的に1ヶ月の研修で、全ての工程を覚えていただけますので大丈夫です。料理人に必要とされるような調理はほとんどありませんので、業界未経験者の方でも十分やっていけるようになっています。
物件はどのようにして
見つけたらいいですか?
加盟予定のオーナー様ご自身で見つけていただいても構いませんし、本部でも良い物件をお探ししてご提案いたします。また、オープンしてやっていけるかどうかの判断もいたします。
2店舗目以降も契約できますか?
物件やエリアなどの条件が整えば、もちろん契約していただけます。
ふくろうのラーメンが好き、
というだけでは独立は難しいですか?
大好きなふくろうのラーメンを提供して、お客様に喜んでいただきたいという気持ちがあれば大丈夫です。飲食業界が未経験でも、独立してやっていけるよう、しっかりと研修で学んでいただけます。

その他、どんなご質問でもお問い合わせください!

契約からオープンまでの流れ

  1. お問い合わせ後に面談
  2. 加盟の意思が確認できたら
    物件探し
  3. 物件が見つかったら契約へ
  4. 契約前日までに加盟金などの
    必要資金を支払い締結
  5. 最短翌日から研修スタート
  6. 1ヶ月の研修後に卒業試験
    (卒業できるまで研修が可能)
  7. 卒業できたらオープン予定の
    店舗でアルバイトの研修開始
  8. グランドオープン

オープンまでの時間と出店エリアが限られています!まずはお問い合わせください。

あなたが行動したその日が、あなたの成功が始まる日です

全く別の業界の出身者だったとしても、今では行列のできるラーメン店の店主となりました。もちろん苦労もありましたが、今となっては自分のやりたかったことを仕事にし、さらに大きな夢に向ってお店を広げています。

40歳で脱サラして45歳でオープンというのは、決して早い決断だったわけではありません。もっと早く決断していれば、もっと早くたくさんの人にふくろうのラーメンを届けられたり、やりたいことをやれたかもしれません。

あなたが独立して働く時間には限りがあります。たったひとつのきっかけや行動が、全ての成功の始まりだということに違いはありません。あなたの成功は、あなたがいつ行動するかどうかに委ねられています。

全ての加盟店が成功するために、出店エリアは限られています

からみそラーメンふくろうは、店舗数を増やすことが目的ではありません。より広範囲の方々にお召し上がりいただきたいこと、加盟店同士でお客様が重なってしまわないことに配慮しています。

ですから、店舗数ではなくエリアの拡大をベースにしておりますので、すでに加盟店が運営しているエリアでの出店はできません。ご希望のエリアのことや、その他のご不明点・ご質問などどんな些細なことでも、まずはお問い合わせください。

加盟店が抱える問題について

パッシオーネでは、フランチャイズオーナー様に安心してお店を運営していただけるよう、顧問弁護士を介入させたうえで、フランチャイズ契約を進めています。
本部の商品やノウハウの提供などについて契約前の情報と相違がないか、ロイヤリティや加盟金などの問題がトラブルに繋がらないかなど、契約の段階から全てクリアになった状態で加盟していただけます。
細かな不明点なども前もって顧問弁護士に相談することもできますので、遠慮なくお聞かせください。
また、弁護士には守秘義務がありますので、相談内容について外部に漏れることはありません。

お問い合わせ

フランチャイズに関する
お問い合わせ・ご相談・お申し込みは
下記のフォームに必要事項をご記入ください。
担当者が確認後、
1〜3営業日以内に折り返しご連絡致します。
お電話でのお問い合わせも承っております。
下記の番号までお問い合わせください。

052-508-8300受付時間/平日 10:00-18:00

必須
必須
必須
必須
必須

株式会社パッシオーネ(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、
全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取り組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

個人情報の管理

当社は、お客様の個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます

個人情報の利用目的

お客様からお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

個人情報の第三者への開示・提供の禁止

当社は、お客様よりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

お客様の同意がある場合

お客様が希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合 法令に基づき開示することが必要である場合

ご本人の照会

お客様がご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

法令、規範の遵守と見直し

当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

お問い合せ

当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

株式会社パッシオーネ
〒460-0008
名古屋市中区栄1-6-15
グランドメゾン御園座タワー

TEL:052-508-8300 FAX:052-508-8301